掛川城

  • 施設MAP
  • ご利用案内
  • お知らせ・催し物
  • 交通案内
  • お問合せ

 

天守閣夕日

 

掛川城御殿の歴史

掛川城御殿は、儀式・公式対面などの藩の公的式典の場、藩主の公邸、藩内の 政務をつかさどる役所という3つの機能を合わせ持った施設です。掛川城御殿 は二の丸に建てられた江戸時代後期の建物で、現存する城郭御殿しては、京都 二条城など全国で4箇所しかない貴重な建築物です。   書院造りと呼ばれる建築様式で、畳を敷き詰めた多くの部屋が連なり、各部屋 は襖で仕切られています。当初は本丸にも御殿が作られましたが、老朽化した り災害にあって、二の丸に移りました。   その後、江戸時代の藩の政治や大名の生活が偲ばれる貴重な建物として、昭和 四十七年から五十年まで保存修理が実施され、昭和五十五年一月二十六日、国 の重要文化財に指定されました。

comment01
comment02
掛川城御殿の構造
嘉永七(安政元、1854)年、安政の東海大地震で御殿が倒壊したため、時の 城主太田資功によって安政2年(1855)年から文久元(1861)年にかけて再建 されたのが現在の御殿で、明治元(1868)年までの間、掛川藩で使われました。

掛川城御殿の構造

掛川城御殿は七棟からなる書院造で、部屋はそれぞれの用途に応じ約20部屋に分かれています。最も重要な対 面儀式が行われる書院棟は、主室の御書院上の間と、謁見者の控える次の間・三の間からなります。   藩主の公邸の小書院棟は、藩主執務室である小書院と、藩主の居間として使われた長囲炉裏の間からなりま す。東側は藩政をつかさどる諸役所の建物で、目付・奉行などの役職の部屋、警護の詰所、帳簿付けの賄方、 書類の倉庫である御文証などがあります。小書院棟の北側には勝手台所がありましたが、明治時代に撤去さ れてしまいました。   江戸時代には身分によって入り口が異なっており、藩主や家老は式台玄関から、その他の武士は玄関東側か ら、足軽は北側の土間から入りました。

戻る